脳血管障害で起こる弊害

脳出血を起こってしまった場合麻痺や記憶障害を起こしてしまう人が多いです。今までの生活に戻る為にはリハビリが必要になります。病院での入院期間中にもリハビリは毎日行いますが退院してからは自分達で施設を探してリハビリを続けなくてはいけません。リハビリを行う施設としてリハビリ特化型デイサービスとデイケアではリハビリの頻度や質はどう変わるのでしょうか?比較してみました。

リハビリ特化型デイサービスとデイケアの違い

リハビリ特化型デイサービス

リハビリ特化型デイサービスはデイサービスが行っているレクリエーションの時間をリハビリに置き換えている施設です。なので午前中と午後に分けてリハビリを重点的に行っていきます。麻痺などで歩行が困難になっている人などにはこちらのデイサービスがおすすめです。

デイケア

デイケアは利用者の自立に向けた栄養改善や運動器機能の向上、嚥下機能の向上を目的としています。ですが、施設によってはリハビリを行えていない所もあるのでどんどんリハビリを行いたいという人は入所の前に施設がどんな事を行っているのか見学して確かめる必要があります。

脳出血の原因

脳出血は脳に張り巡らされた動脈が破れてしまう事で起こります。動脈が破れてしまう原因として高血圧や糖尿病のような生活習慣病に関係する病気によるものや動脈硬化などがあります。脳出血はお風呂に入っている時やトイレを終えて出ていく時に起こる血圧の大きな変化でも起こる場合があります。

新しい治療法

最近は幹細胞を利用して脳出血である脳血管障害の治療法が注目されています。治療に使う幹細胞は患者さんの中にある脂肪組織から採取し培養して幹細胞を作ります。幹細胞を静脈に流す事によって傷ついてしまった血管を治す働きを促進させます。ほかにも脳の血流を良くする効果もあります。他にも脳血管障害による体の痛みや不和を和らげてくれます。痛みや血管の修復能力の向上により脳血管障害による認知障害や運動障害の後遺症を改善してくれます。

幹細胞治療を行うには?

まずは治療を行っている病院に行き医師とカウンセリングを受けます。カウンセリングには幹細胞治療が可能かどうかを判断する意味もあります。診察の時にCT画像やMRI画像を持っている人はその画像も医師に見せておきましょう。この時よく話し合わないと治療中に後悔してしまう可能性があるので治療費や効果が出るまでどの位掛かるのかも聞いておくと良いですよ。